2012年03月03日

リフォームで生活を便利に

 リフォームをすることは生活の便利度を上げることに繋がります。
故障した設備、壊れてしまった部分の修理とは異なり、
リフォームは新しく取り替えることに違いがあります。

 例えば、屋根では古くなってきたスレート屋根を葺き替えたり、
リビングの床を張り替えたり、今の住まいを新築のようにリフォームでは
実現できます。

 最新の設備を使うことで、生活の快適度も上がります。

 リフォームの価格は業者によって違いますので、信頼できるリフォーム業者を見つけることが
住み心地の良いリフォームを行うポイントです。


広島 リフォーム
posted by アルコ at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

瓦について考える

本日はなじみのある建築資材、瓦について。

日本のように雨の多い国では,屋根瓦がずい分役に立っています。

瓦というものを、いつ誰れが考え出したのか、これはよく分かりませんが、焼き物の瓦は中国で発明されたようです。そして朝鮮半島を経て日本にに伝えられましたが、いろいろ改良が加えられ、今ではすっかりわが国の風土にとけこんだものとなり、もともと中国から始まったとは誰も考えていないほどです。
日本の住宅には瓦のイメージが強いのではないでしょうか?

瓦は丸瓦と平瓦を組み合わせて雨や雪に対するものでしたが、次第に種類が増えていきました。
そして現代では装飾として作られたものもずいぶん見られます。

屋根の形によって葺きかたも、また使われる瓦も異なります。
軒先を飾ることはもちろん、けらばにも文様を飾った瓦を使っています。
釉薬により色とりどりの瓦になったり、いぶし銀の渋い色合いもあります。
屋根工事で瓦は雨をしのぐため、住まいを守るため、しっかりとした施工が必要です。

大棟や降り棟は高く積み、飾り瓦を置いておりますし、その先端には鬼瓦を据えています。

大棟といえば、古い時代には鴟尾をその先端にのせていました。時代が降り、城が築かれるようになると鯱がのせられるようになります。それから直接屋根の上ではありませんが、隅木の先や垂木の先を飾るために隅木蓋瓦や垂木先瓦などが用いられることもあります。このように、屋根の部分によっていろいろなものが作られました。

歴史を持つ屋根瓦。
大切なお住まいを守る要でもありますので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

屋根 千葉
ソーラー発電 千葉
千葉 リフォーム
塗装 千葉
横浜 屋根工事
塗装 見積り
千葉 塗装工事
葬儀 横浜
横浜 葬式
posted by アルコ at 07:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

生活情報:エコ

エコとかいっますけど 牛丼屋で割り箸から 洗う箸に変えたじゃないですか? あれっ...
エコとかいっますけど 牛丼屋で割り箸から 洗う箸に変えたじゃないですか? あれって本当にエコなんですか? 割り箸に使う木は腐ってる木の一部だそうですし 洗う箸は水を使うし洗剤も使うじゃないですか? だれか教えてください(続きを読む)

エコだと言われているけど、実はエコになってない疑似エコにはどの様なものがある...
エコだと言われているけど、実はエコになってない疑似エコにはどの様なものがあるでしょうか?(続きを読む)

エコロードについて詳しく教えて頂ければ有り難いです。お願いします。
エコロードについて詳しく教えて頂ければ有り難いです。お願いします。(続きを読む)

エコキュートとエコファームはどちらが良いでしょうか。最近...
エコキュートとエコファームはどちらが良いでしょうか。最近エコキュートの売り込みの電話よく掛かります。自宅は15年ぐらい使用中の灯油ボイラーです。業者に試算して...(続きを読む)

エコポイント
液晶テレビ今ならエコポイントありますが高いですね! (値上げしてる?) エコポイント終了後とかは一気に値崩れおこしエコポイントもらう以上に液晶テレビの値段下がります...(続きを読む)

エコ
エコという文字がついているもので エコになっているものと、エコになっていないものを なるべく、たくさん教えてください。 複数のご回答者様で重複してもかまいません...(続きを読む)


千葉で屋根工事

千葉県のの太陽光発電

千葉の総合リフォーム

千葉の外壁塗装なら

横浜の屋根工事

外壁塗装・屋根塗装の一括見積り

外壁塗装 千葉
posted by アルコ at 00:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。